生活費が減らせないのは、こんな思考も関係あり

知人と立ち話。

我が町のスーパーでこんなサービスがありまして。
「1,500円以上の買い物をすると、
通常198円で売っている砂糖が100円で買えます」

その時に必要なモノがあるならわかりますが、
なければ、私は砂糖を198円で買います。
1,400円とかだったら、何かないかなーと探すけど。

知人が「砂糖を100円で買うのに頑張った!」と話しかけてきました。
買いたいモノは500円だったけど、
醤油とマヨネーズとお菓子とジュースを足して1,500円をクリアしたそうです。
しかも、調味料は、家にストックがあるのに、さらにストックで。

私「それって、結局は1,100円の砂糖になるんじゃない?」
知「どうして?いずれはちゃんと使うんだから、お得だと思うけど」

うーむ(-_-;)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し
スポンサーサイト

ウソとセツヤクとナンピン

証人喚問、ところどころ見ております。
衆院の方が見応えあり。
質問内容もピントが合ってますよね。
まずは8億。


昨日から某ディスカウントスーパー(全国に店舗あり)が春祭り。
ポイント5倍のうえ、どえらい安い!
昨日からチラシとにらめっこしておりました。
行こうか、行かまいかー。

買いたいモノを書き出します。
豚肉でしょ、合挽きミンチでしょ、あれも、これも、あ、これも安い!

すごく混んでるだろなぁ。
これだけで買い物が終わるかなぁ。
余計なモノまで買ってしまいそうだなぁ。

車で片道15分、そこまでして行くべきかなぁ。
近くのスーパーで、今日必要なモノだけ買った方が安上がりだったりして。

車がなかったとしたら、行こうとも思ってないよなぁ。
だんだん面倒臭くなってきたわぁ。

やーめた。

まとめ買いが必ず節約になるとは限らないのだ。
冷蔵庫の中は満たされても、ガソリンが入れられなくなるのだー。



さてさて。
今日も現時点では下向きの相場ですね。

あらら。
知らぬ間に含み損になってるじゃないのーん。<保有ETF
どこまで下がるかわかりませんが、同じモノの底を浚おうとせず、
別のモノに視線を向けようと思います。
ナンピンに固執すると辛くなるから。


それにしても、どこまでが本当なのか・・・。
ウソも思い込んでいると、いつのまにか、本当にあったコトのように
脳に刷り込まれる、刷り変わると聞きます。
女性に多いらしいですが、それはないのかしら?
それにしても、立て板に水のごとく言葉が出るのがスゴイ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

老後の生活費はいくら?長生きは自立できてこそのモノ。

相場は久々に大きな下げでした。
今週は下向きかな、最後に少し買い足すかなと思ったり。
予算はあるけど時期は自分が決める、イレギュラードルコスト?
しかも、ある程度上がったら、部分的にでも売りますし。

イレギュラーといえば。
WBC、見たかったなー。
(今日はETF<baseball)


さてさて。
老後の生活費について。
65オーバーでは、平均してどれぐらいのお金で
遣り繰りされているのでしょうか?


「世帯主の年齢階級別家計支出(二人以上の世帯)-2015年-」
(総務省統計局)

60~64歳 月27万6620円
65~69歳 月27万5872円
70~74歳 月24万8122円
75歳以上 月22万7266円
全体平均 月24万7815円

25万円前後なんですね。
内訳は?

2015年の高齢夫婦無職世帯の家計収支の平均値
(60歳以上の高齢無職世帯の場合、夫婦2人の場合)

食費=6万2432円
住居費=1万7500円
光熱費=2万385円
交通費・通信費=2万286円
交際費=3万484円
医療費=1万5405円
教養娯楽費=2万6066円

食費はほとんど変わりがないそうです。
年を取ると食は細りますが、むしろ、惣菜を買ったり、
管理栄養士さんが考えた献立を配送してもらう
システムを利用したりと、手間をお金で買うようになるそうで。
なるほど。

住居費が中途半端に安いのは、0円のお宅も多いから?
我が家も一応0円ですが、修繕費はみておかないと。

交際費、なんでこんなに高いの?

「高齢者世帯は交際費の節約を心掛けて!」
https://allabout.co.jp/gm/gc/468266/

子供や孫に・・・なるほど。

時代は変わっていきますね。
親は子に遺せなくなり、子は親に頼れなくなります。
まさに、それぞれの世代が自立しないとやっていけません。

アラフィフ世代でも、
「シモの世話は娘にやってほしいよねー」
という人はいます。
娘さんが仕事を持っていたら、辞めてほしいと言うのかな。
介護離職だけは避けろと叫ばれている時代に。

私は娘がいないので、それを嫁にと思ったコトもないし、
実家の両親も、ヘルパーさんなどの助けをと考えているよう。


親孝行とはなんぞや?
きちんと自立して暮らしてくれるコトだと思います。
私はね。

昔のように正社員が当たり前の時代ではないので、
少しシビアに考えていかないと、将来行き詰まる子は少なくないかなと。

息子世代に「節約しろ!コツコツ貯めろ!」とは言いませんが、
(若い時からあまりにもガチガチじゃ面白くなーい)
給料日にパーっと使って、最後はカツカツみたいなのを
繰り返しているようでは、ちょっと心配になりますね。


私は、年金内である程度暮らしていける根拠のない自信があるので、
正直、「○千万円貯めなければ老後破綻」説なんてなんぼのもんよ!
と、強気に思ってます(笑)

ただ、年金がいくらもらえるか、それがハッキリしない。
だから、不安。
定期便に書かれている金額、それに近いモノが確約されるならまだしも、
突然、70歳からになったり、金額が落ちたりしないの?と。

年金を受け取り始めないと正解がわからないので、
ひとまず、貯められるだけ貯めておくかと。

あとは、子供に迷惑をかけないために。
個人的には、デイサービスとかにお世話になるほど
長生きは望まないですが、それも答えはその時じゃないとわからないので。

育児はお金がかかるけど、ある程度ゴールが見えるじゃないですか。

老後は自分でもゴールがわからないから厄介だなと思います。

健康寿命がわかるシステムができないかなー。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

育児の悩みを相談されて、ウッと涙が出そうになる

<ローマ字>表記で混乱 英語教科化、教員ら「一本化を」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20170321-00000044-mai-soci

私はヘボン式のみです。
トイレにヘボン。


先日、小学3年生のお子さんのお母さんから
「うちの子、アルファベットが書けなくて。イライラするんです」と。
塾か何かかなと思ったら、学校で習うんですってね。
ビックリ。

うちの息子たちは、まさに「ゆとり」世代です。
アルファベットは中学から、しかもブロック体のみ、筆記体を知りません。
教科書もペラッペラだったので、塾などに行ってる子とそうでない子では
学力の差がすごかったですし、地頭の良し悪しも炸裂しておりました。

一回り下世代のお母さんと話していて、子供に対する苛立ちとか、
思い通りに育たないイライラを聞いていると、あぁ、私もあったなと。

私もそうなんですが、受験や検定試験などあまり失敗した体験がない者は、
子供がよくない結果を持って帰ると、どう声を掛けていいかわかりません。
(鼻っ柱が高い自慢しぃとかではなく、たんに経験値の問題で)
「どうして出来ないの?」だけならまだしも、
「たかが、そのぐらいのコト」というところまでいってしまい、
子供にそのままの言葉で言って、プライドを傷つけたりするんですね。

国家試験だろうが、習い事の進級試験だろうが、
幼稚園児だろうが、高校生だろうが、
偏差値がいくつの高校、大学だろうが、
一生懸命であるコトは確かだし、大きな関門なんですよねぇ。

「誉めて育てる」を溺愛と勘違いしてる親御さんもいるし、
親御さんの前ではいい子だけど、陰ではひどいコトをする子もいるし。
過程があるんだろなとは、ずっと思ってきましたけど。

でも、学校での試験で成績が悪いと
「もっと勉強しないからだ」とか
「できるはずなのに、なんでやらない?」とか
言っちゃうのが親だし、親も人間だし。

塾に行けば行ったで、
「高いお金払ってるのに、なんで成績が上がらないのよ!」
って言ってしまったりね。
そりゃ、見返り欲しいし(笑)

でもね。
せめて、「試験、どうだった?」と訊いたらば、
親にまで気を使って、「できたよ」と言うのではなく、
ダメな時は「できんかったわー」と吐ける、そんな親でありたいなとは思います。

私がそれができるようになったのは、
次男が数検の準1級に落ちて落ちて落ちまくった時ですね。
いつも1点2点、どこかでイージーミスなんですよ。
だから、本人も親も踏ん切りがつけられなくて。
バリバリ理系の高校に通ってるんやから、
いいかげん受かれや!毎回、どこ勉強しとんねん!と、ずっと思っていて。

ある時、ふっと肩の力が抜けた時があったんですね。
どっちが意地になってるんだ?と思ったら、おかしくなっちゃって。
数検に罪はないですが、そんなん、なんぼのもんじゃい!と(笑)

ちなみに、まったく同じコトが年中さんから習ってたピアノでも。
「ココまでやってきたのに」って、どうしても思っちゃう。
しかも、某音楽団体(笑)から退会を思い止まるように説得されたほど、
聴く側を不快にさせない程度のレベルだったので余計に。
(注:男の子のピアノ弾きは貴重なのでセールストークもあり)
でも、本人にとっては「今まで」より「これから」なんですよねぇ。
結局、長男は11年目で退会しました。
半年後に次男も。

不出来な母に育てられた息子たちは、なんとも気の毒ですが。

うちの次男、5歳の時に、私にビンタ張られた時のコトを今でもグチグチと。
「怒らんけん言うてみんさいって、オカンが言うたけん、
 本当のコト言うたら、速攻でオカンからビンタが飛んできた。
 オトナって、なんてウソつきなんだって思った」

ハイハイ、聞きすぎて耳タコです。
もちろん、次男は恨み辛みでなく、笑いながらの思い出話なんですけどね。
でも、よっぽど記憶に刻み込まれているのでしょう。

アナタがやったイタズラは、母にとって限界の域を越えていたのです。
そこは理解してくださいな。
でも、それが心の傷になる場合もあるんでしょうね。

私も記憶にありますよ。
一人っ子は期待も全部、責任も全部、視線もすべて集まりますから。
正直、辛い時もありました。

まとめられなくなってきましたが、
人間だもの、いろいろあるわね。
吐けたり受け止めたり、そんな関係は何歳になってもいるわよねぇ。
(たくさんはいらんけど)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

アンケートサイトで地雷踏んだ

アンケートサイト、参加されている方も多いですよね。
私もたまに、楽天リサーチをやってみるコトがあります。

メールボックスに某アンケートサイトからの依頼メールが山ほど。
5年以上前に登録して、ほったらかしにしているのですが、
ふと気が向いて(魔が差して)、ログインしてみました。
依頼メールを受信するだけでポイントが貯まるシステムのようで、
結構な数字になっていたので、ついつい欲が出て、ちょろりと回答してしまい。

cookie、ガッツリ囲まれました。
Chromeもガチンガチンでうんともすんとも。

あららら、やっちゃったー。

ノートンでなんとか探ってやろうと試みたりしましたが、
これ以上よろしくない状況にしてはヤバイのでオットにヘルプ。
「何したんよ?」
「アンケートサイト」
「なんていうとこ?」
「○○○○○ー○。
  一旦ログアウトして、また入ろうとしたら警告が出た」
「簡単に稼げますだぁ?怪しすぎるじゃろー」
泊まりに来てたSE職の次男にも、「素人か!」と叱られました。
「cookieってわかるよね?」
「クレジットカードの番号とか抜かれても知らんよ」

ショボーン。
わかるよ、それぐらい。グスン。
ノートンで調べたら、まさに誰でも答えそうな案件でした。
主婦の皆様、どうか御注意を。

退会したいけど、ログインするのさえ憚られてるのであります。


次男の任意保険。
私が横やり入れて、21歳以上は誰でも運転できるようにしたのです。

でも、よくよく考えたら・・・
友達が運転して事故っても、次男の保険を使うのか?という疑問が。
運転者の他車運転特約を使ってもらうべきじゃないの?


先日、ペーパードライバーの知人が、実家の車を借りて練習していると。
「35歳以上の本人配偶者限定だけど、子供はOKだよね?」

同居ならまだしも、別居じゃん。
未婚ならまだしも、20年前に嫁に行ってるじゃん。
たぶん、論外(笑)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し
ワタシ

Author:みみん
西日本(本州)在住

最後の晩餐は安芸宮島口
「うえの」のあなごめし熱望

・投資歴
20代からちょぼちょぼと

・投資スタンス
入口戦略重視
出口は欲張りすぎないで

頼りになるオトモダチ
御返事は記事内にて 【内容によっては対応しかねます。何卒御了承くださいませ】