年金にプラスするお金

朝刊の投稿欄に、67歳女性からの投稿がありまして。
(福岡県の主婦の方です)


『知人は貯蓄を崩していると言うが、
 我が家は年金だけでやりくりの生活』
『自慢ではないが、借金がない代わりに貯金もない』
『エアコンは夕方の4時間のみで、扇風機でしのぐ』
『夫婦二人なので、お風呂はシャワーで済ます』
『支出を減らすためにネット接続の契約を止めた』

『使い方によっては、シャワーの方が水を使いますよ』とか、
『エアコンを午前のうちから弱めに入れておいて
 扇風機と併用した方が節約になるコトもありますよ』等
思うコトはありますが・・・。

今年の福岡は本当に暑いんですよ(汗)
ここより全然暑いので、体調を崩されないか、
熱中症や体調不良で医療費がさらにかかってしまったら、
せっかくの節約の意味がないんじゃないかと。

うちの義母もそうなんですが、大きな仏壇を買って、
大きなお墓を建てて、そこで『貯蓄が尽きた』と。

どうして貯蓄がないか、投稿者と義母では理由は違うでしょうが、
私が気になるのは、義母と年齢が一回り近く違うコト。
あと15年20年、ずっとこれだと難しいですよね・・・。


FPの勉強をのんびり進行中の私。
60~80歳の30年について、ザックリ『月25,000円』と仮定しました。
25,000円×12ヶ月×30年で900万円、これが一人分。
年金だけじゃ足りない時の準備金です。

どうして25,000円かは、食費で考えたから。
一人で800円/日あれば、私は絶対やりくりできるし、
数日節約すれば、友人とのランチも楽しめるでしょう。
これが二人分となれば、1,600円/日にもなります。
我が家の4人家族の時より多いし(笑)

単純に夫婦だと1,800万円ですね。
それに加えて、持ち家だと火災保険、固定資産税、修繕費、
賃貸だと、もちろん家賃がかかります。
車があると、燃料代、点検車検代、任意保険代等々。
年齢を重ねれば医療費もかかるでしょう。
(薬を飲めば肝臓に負担がかかるんだから、
 お年寄りも薬不要の健康自慢をすればいいのに。
 どれだけ薬を飲んでるか自慢する人いますよね。
 調剤勤務の時、カルテ見て、こんなに飲めるん!?と。苦笑)

となると、やっぱり目標は2,500~3,000万円?

要は生活水準なんですよね。

以前、年配者向け家電のCMで、冷蔵庫だったかな、
スーパーで4,500円の甘鯛を買うシーンがありまして。
我が家は仰け反りましたが(笑)、それが当然の御家庭だと
準備金を6万円にアップされないと足りません。
あ、それでも二人分で4,000円/日なので、
かなり節約しないと甘鯛買えませんがー。


70歳ぐらいから、子供たちに連年贈与で
老夫婦の生活費を、少しずつ預けておいた方がベストかなと。

が。
毎年110万円を計画的に贈与するのはアウトで、
たまたま毎年贈与した感じだとセーフ?
贈与のたびに契約書を交わせばいいんじゃないの?
税務署に目をつけられないために、あえて120万円贈与して、
10万円の10%の1万円をあえて納めるという工夫?
あえてをしながったらどうなるの?

白眼剥いた~(難)
スポンサーサイト

個人型確定拠出年金とNISA

オットは、厚生年金基金が解散してそのまま。
私は、103万円も106万円も程遠いパート主婦。
(無理したくないのと、時給が安いため)

つまり、オットはおそらく、今すぐでも始められるはず。
でも、勧めていない。
何故?

一番大きいのは『止められない、引き出せない』という
某スナック菓子のようなデメリット。
所得控除はたしかにオイシイのですが、
企業型確定拠出年金でもリスクオフに移ろうかという年代なので、
なんと申しましょうか、そこは無いモノとして考えられないと。

しかも、金融機関が選びにくい。
セゾ○投信でも『得体が知れん』とビビってたオット。
手数料が安いというだけで、新たにネット証券に心を開くとは思えず。

ネット上でよく、SB○一択!店舗なら野○!銀行ならスル○!
みたいなのを見かけますが、地方だと証券会社自体が少ないのです。

ちなみに、我が家がある街から東に1時間走ると野○證券があります。
西に45分走ると、みず○証券があります。
時間的にはあまり変わらないのですが、道程を考えると
圧倒的にみず○証券がある市の方が行きやすいんですよね。
(野○には渋滞の多いR2をひたすら走り、
 みず○には無料の自動車専用道路でビューン)
私は野○に20年近く口座を開いているのですが、
駐車場がないので、行くのが本当に億劫なんですよ。
ガソリン使って、市営駐車場に停めて、そこだけで1,000円です。

うちの市内には大手の信託銀行がありますが、
ここはシニアが退職金を預ける位置付けで。
あと、メジャーではない証券会社。


じゃ、どうする?
60万円×20年のNISAに期待するしかないかなと。
120万円を半分にしちゃったのはなんだかなーですが、
20年はありがたいです。

>2014年から制度が始まり、2023年までの10年間、
毎年新たに120万円の非課税枠が追加されます。
非課税の期間は、それぞれ最大5年間となっており、途中で売った場合は、
非課税枠を使ったとみなされ、再利用をすることができません。
さらに、非課税枠を使っての投資総額は合計600万円までとなっており、
それ以上の金額は非課税の対象とはなりません。

うーん、相変わらず、パッと読んだだけではわかりにくい。
買えるのは2018年までなんですっけ?
ロールオーバーでしたっけ?
実は、私も2014年にNISAを開いたものの、
株価が上がってるところだったので、ほったらかしになってます。

60万円×20年も、いつまでも買えるわけではないですよね?
証券会社の店頭利用だと、買える商品が少ないし。

オットのセゾ○は、積立ストップ中ですが、
チャンスがきたら、セゾ○にNISAを開いて、
月50,000円で3年ぐらい集中して積み立てて、放置でいいかな。
(そこが決まったらNISAだけでも手続きしておかないと)
セゾ○が好きなわけじゃないけど、通帳から引き落としで積み立て、
解約したら直接通帳に入ってくるのは、やはりわかりやすいのです。

私はどうしよう・・・?
ニッセイ、たわら、そして大和投資信託のiFree。
悩んでも追いつかない感満載。

10年後の空き家対策

従来の「譲渡所得の3,000万円の特別控除」に加え、
2016年4月から「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が創設されました。

昭和56年5月31日以前築の家を、耐震リフォームするか、更地にして売却したら、
譲渡所得の3,000万円の特別控除の特例が適用されるよー
というモノらしいです。

うち、昭和39年と平成4年の合作(建て増し)なんですけど・・・。
しかも、平成4年の方もおじいちゃん大工さんに建ててもらって
耐震のたの字も感じられないぐらい、震動4でグワングワン揺れるんですけど・・・。
(事情があって、オットと私は設計段階でまったく話し合いに加わっていない)
田舎のじいちゃんばあちゃんって、ババーン!とした見栄えに拘るので
ハウスメーカーの今風の家をすごく軽視するんですよね。
ちなみに、私の実家はS57年築の某ハウスメーカー築ですが、
天晴!と拍手したくなるほど、どこにもガタがきておりません。
地盤の違いもありますが、震度5弱の最中でも普通に階段をトントン下りられたらしいです。
内装の古さ等は否めませんが、それはなんとでもなりますしねぇ。



それじゃ、「譲渡所得の3,000万円の特別控除」しかないのかいってコトに。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm
うーん、こういうの読んでいつも思うんですが、通訳要りますよね(^-^;

あ。
今朝の朝日新聞be「知っ得なっ得」に訳が載ってました。
http://www.asahi.com/be/shittoku/

マイホームを売った損益から3千万円を控除されるという、
税の特例を活用する手もあるわ。
短期間でも住民票を移し、
所有者を自分名義に変えたうえで、親の家に住む。
住民票を引きあげてから3年目の12月31日までに売れば、特例が使えるの。
ただし税務署は「生活の本拠」として、
本当に居住実態があったか調べることもある。
住民票だけ移し、年に数回、空き家に戻る程度じゃ、
認められない可能性が高いから注意して。

書き方に少々腹黒さを感じるところもありますが(笑)
こんな風に書いて頂けると、読み手は助かるであります(`・ω・´)ゞ

というか、譲渡所得3,000万円って、田舎だと夢の夢の夢ですけど。
そもそも、10年先に売れるかどうかもわかりませんけど。
すぐ近くに一級河川とお花と雑草がいっぱいの土手が続いていて、格好の散歩コースだし
(遠方からわざわざウォーキングするために、車で通われる方も多いです)
庭にね、梅と桃が実るんですよー。
桃は袋をかけると、見事な白桃が食べられます。
横着してやらないから、鳥に食べられておしまいですけどね(^-^;
家庭菜園も広すぎるほど。
税金対策でびろーんと生やらせるには、南瓜とか西瓜を植えるとよさそう。
ここに嫁に来て初めて、南瓜が夏に採れるって知ったんですけどね。
(だって、冬至に食べるとか言いません?)
あ、畑の一角にひまわりの群生とか作ったらキレイかも。
私はめんどいのでやりませんけどね(笑)
と言うか、草抜きや土いじりが好きでなくー。
だから、渋々でもオットがやってくれるので助かってます。


では、買いたいという奇特な方が現れたとして、税金はどうなるの?
http://www.tochikatsuyou.net/land/tax/
(参考にさせて頂きました)

えーっと。
私に解読する時間をください。



あ!
8時15分やん!
ワタシ

Author:みみん
西日本在住
二人の息子たちが
社会人となって巣立ち
老後のシミュレーション的な
生活を送っています。
捉われすぎず、外れすぎず
知識の更新は疎かにせず。

頼りになるオトモダチ