保険のスリム化検討

細々と組み合わせた医療共済を切りまくって、
65歳まで県民共済に加入しようかと考えています。

前記事に書いたように、引っ掛かる点はありますが、
起こり得るであろう事態を想定して、
フローチャートで示そうかなと思っています。
(オットからも是非そうしてくれとのコト)

掛け金の面では、月々12,000円の節約となるので、
そこはキッチリ貯めたいなと。

夫婦それぞれの名義で、医療費専用貯蓄は完了しているので、
65歳までそれに手をつけずにいられれば、
さらに他のも切ろうかな、無民間保険でいいかなと。

心配なのは病気した時よりも、介護保険料などがどんどん上がるコト。
現金がないと、どうにもならないですから。
ケチらずに、たまには美味しいモノでも楽しみながら、
上手に貯めていきたいものです。
スポンサーサイト

死亡保障の受取人に注意

生命保険は加入時に受取人を指名できますが、
共済系の死亡保障に関しては、記入する欄がありません。

それは、受取人の順番が決まっているからです。
我が家のオットに万が一のコトがあったら・・・

①加入者の配偶者←私
加入者と同一世帯に属する、加入者の
②子
③孫
④父母←同居の義母!!??
⑤祖父母
⑥兄弟姉妹
その他の、加入者の
⑦子←社会人になって一人暮らししてる息子たち!?
⑧孫
⑨父母←別居してる場合?
⑩祖父母
⑪兄弟姉妹
⑫甥姪

調べてないので、確実なコトは書けませんが、
これって、確定拠出年金の死亡一時金の順番と似てますよね?

同居の場合、ちょっと怖くないです?💦💦
我が家はもうしちゃってるので、対策を考えられますが
(夫婦のどちらかが亡くなって、その後も同居する場合は、
 配偶者の死亡共済金を請求すると同時に、
 自分の死亡共済を解約、現金化して、子供に託しておくとか。
 つーか、極端に損しなきゃ、現金を残した方が楽だわねー)
どこの御家庭でも、親が年を取り、一人にしておけないぞ!
という環境が生まれる可能性はあるわけです。
年齢順に亡くなるわけじゃないし、これだけ長寿社会になると、
地方では『4世代5世代同居で、全員がJ○共済利用』も珍しくないです。
こ、怖~っ((((;゜Д゜)))

うーん、ますます保険が嫌らしく思えてきた(;´д`)

iDeCo

>厚生労働省がオブザーバーとして参加している確定拠出年金普及・推進協議会は、
個人型確定拠出年金の愛称を、「iDeCo(イデコ)」に決定しましたので、お知らせします。

いいだこ?(コラ)



生命保険&医療保険をガッツリ削るべく、別の所に資料請求したら、
今朝早くピンポンピンポンうるさいなと。

あら、郵送じゃなくて、レディー参上?

資料だけ受け取るはずが、FP資格の話から試験範囲の投資の話になり。
その方が、2014年からNISAをドカンと利用なさってるらしく、
『損はしないですよね?』と訊かれたので、
無意識の苦笑いで『さぁ、どうでしょう』と言ったらば、
もーのすごく食い付かれてしまいました。

だって、わからんもんはわからんもん。

癌が怖くて、健康診断を頻繁に受けているそうで。
特に、胸部エックス線と胃透視(バリウム)は外せないとのこと。
『これで胃癌と肺癌は早期発見できるはず』とおっしゃるので、
『胃透視も結構な被爆量と聞きますね。
 胃癌も透視でわかるのとカメラでわかるのとがありますし』
と言ったらば、またまたグワッと食い付かれてしまいました。

ほどほどがいいですよ、なにごとも。
癌は自身の細胞の変異ですから、今日よくても明日はわかりませんし。

しまいには、レディーのお誘いを受けてしまいました。
ナンバーワンを目指してみようかしら。


ところで、20年NISAは『積立NISA』なんですか?

うへぇ~(;´д`)

個人型DCってそんなにオイシイ?

リスクゼロで年率30%運用も 個人型DCは利用しないと損(マネーの達人) - Yahoo!ニュース
http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20160913-00010004-manetatsun-life

こんな記事を読みました。

確定拠出年金のメリットデメリットは、ある程度わかっているつもりです。

アラフィフ世代の場合、『定期があるんならいいじゃない!』
と思われるご家庭も多いのではないでしょうか?
そうそうリスクを取って頑張る年代じゃないですしね。
企業型DCでも、今までずっとほったらかしで膨らんでる人は、
これからの数年で『やった!』となるか、
『はぁ?なんでこうなるの?』となるかの分かれ道です。
親友の御主人は、きちんと勉強され、アベノミクスで
しっかり利益を確保されていて、親友に
『○○くん、偉いねー!』と言ったら、『そうなん?』と。

この『そうなん?』は『これが普通なんじゃないの?』って意味です。
普通じゃないと思います。
『会社にやれって言われたから適当に』っていうパターンも多いでしょうし、
『ほったらかしてたら勝手に増えるモノ』と思ってる旦那さん、
『私はなんだかわからないけど、旦那に任せときゃ大丈夫でしょ』
と、旦那様を全面的に信頼してる奥様、私の周りも多いです。


【最新版】個人型確定拠出年金(401k)はどの金融機関で運用すれば良いの? 調べてみた(2016年8月16日更新)
http://manetatsu.com/2015/07/48328/

どこで始めてもいいってもんじゃないんだよー。
手数料の差はこんなにあるんだよー。

始める時、さらに毎年、手数料がかかるんですよねぇ。
100万円を銀行に1年預けて、時間外にATMから1,000円引き出したら、
あらら、手数料が利息を越えちゃったじゃないの!というこのご時世、
年間の手数料を見ただけで、『ありえへん!』と思うのは私だけ?
正直、『元本保証型商品だけでプラスになるの?』と。
(メリットの部分を計算してないので、まずはこう思う)

アラフィフ世代に関しては、『なんでもチャレンジ!』という人と、
『もう年だから、難しいコトはわからない』
『申告とか自分でするんでしょ?めんどくさいわー』
『配偶者控除がどうにかなって、夫婦合算みたいになるんじゃないの?
 そこがどう変わっても恩恵ってあるのか、わかったら教えてね』
という人との、スタンスの違いが大きく出る頃でもあるし、
一番のデメリットでもある、『必要な時に使えない』を考えると、
ああだこうだ考えるより、『普通に定期に入れときゃいいじゃん!』
と思ってしまうのですが・・・ダメですか?
(私は定期嫌いの貯蓄預金派です)

20代であろうが、50代であろうが、
知識がないとデメリットの方が大きいと思うのですが
私の考え方って、ひねくれてます?

ちなみに、私も、だんだんめんどくさがりになってます、確実に。
知りたいコトを人に『調べて』とは言わないけど、
手続きとかはホンマめんどいし、出来るなら避けて通りたし。


※確定拠出年金を否定する気は毛頭ございません。
 私も、このめんどくさがりがなければやりたいです。
 ただ、ある程度知識がないと、この『めんどい』という感情すら
 湧き上がるコトはないんだろうなーと。

優勝セールまみれですが、不要なモノは買いません

6月にオットと、オバマさんの折鶴見たさに広島に行きました。
本来なら宮島口の本店にお邪魔するところですが、宮島スルーのスケジュールだったため
広島三越B1で、うえのさんの「あなごめし」を喰らい、
その後は、スケジュール上では私推しの梟カフェだったのですが、
なぜか、オットが私の愛する梟をグズグズと拒否り、
代わりに「zoom zoomをいっぺん見ときたい」と提案してきたのです。
野球のルール知らんのに、なんで球場よ?
広島駅よりあっちって、あまり行ったコトがないというか、行く気にならないんですが、
私も一度は拝んでおきたかったので、猛烈な照り返しの中、とぼとぼと歩き始めました。
セパ交流戦が行われていて、zoom zoom名物「ただ見ゾーン」もすごい人。
観客席は一面真っ赤に染まり、どよめきのような応援が地を揺らしておりました。
昔何度も足を運んだ市民球場も熱かったのですが、何かがどこかが違う・・・。

「今年はなんか知らんがイケるでー!」

あの時の予感がまさに・・・。
(前置き長い)



移動日に「ほへ?」ってな感じではなく、敵地で滅多打ちにしたかった!
誰もがそう思っていたでありましょう。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

想像してたよりもアダルトなお二人が男泣きで、
想像してたよりも若者たちが飄々淡々で。
いかにもカープらしかったです。
中條かな子さんも、さぞかしお喜びでしょう。
(緒方監督の奥様です)

しかし、まだまだ道は続きます。
最終の勝利まで気を抜かずに頑張って頂きたい。


我が県は、県の東側では広島ローカルの電波、西側は福岡ローカルの電波が入ります。
我が家は県央部でまさに境界あたりなのですが、圧倒的に福岡強し。
よって、『遊びに行くのは広島じゃけど、福岡のコトの方がよぉ知っとるばい』で
『カープが好きじゃが、ホークスも応援せんといけん』って感じです。

希望は「この2チームで日本シリーズをやって、カープが4-3で勝つ」ですね。
ホークスはしょっちゅう勝っとるからよかろうもん。
ワタシ

Author:みみん
西日本在住
二人の息子たちが
社会人となって巣立ち
老後のシミュレーション的な
生活を送っています
街へのプチ移住を目標に
田舎の古い風習と闘う日々


最後の晩餐は
安芸宮島口「うえの」
あなごめし弁当熱望


・投資スタンス
投資デビューは20代前半
入口戦略重視
出口は欲張りすぎないコト
年金不足分を補うための
仕組みを仕込み中

頼りになるオトモダチ