小黒とら様の記事を読んで、強く思うコト

積立投資とアセットアロケーションの変化について http://investoronline.blog.fc2.com/blog-entry-824.html

小黒とら様の記事を拝読して。

ここでも何度か書いていますが、確定拠出年金等の
「逃げられない止められないドルコスト平均法」のリスクの落とし方について。

俗に言う中年世代までは、リスク高めでいっても全然構わないと思っています。
最後の数年(60歳までの10年以下)は、逆に定期100%でリスクを落としきって、
そのままヘロヘロ~とゴールになだれ込んでもよいかなと。
(見方によっては、とら様の案より強気ですね)

前々から思うコトですが、リスク資産の中の配分云々ではなく、
このような場合の真のリスクとは「量」だと思うのです。

一度も利確しないでいたら、山のように積み上がりますから。

30代40代の山のたびに、1/2から全部を
(山の大きさによります。大きい山なら逃したくないですし)
50代の山で、一旦すべて利確(現金化)にするとして。
もしかしたら、
「50代の時の最後の山が一番大きかった!ずっと置いときゃよかった!損した!」
となるかもしれませんが、それは結果論で損ではないかなと。
(ココを結果論と言っちゃうから、ホールド派の方からすると違和感なんでしょうね)

でも、アラフィフだから思うけど、最後の最後に上がらないと、相当悔やむと思います。

団塊ジュニア以降の方は、年金支給が70歳からになるかもしれません。
1971年生まれというと、今年46歳、アラフィフ入口です。
ならば、定年も70歳になるかといえば、そこは難しいかもしれません。


私の周りの御主人様方、アラフィフ(といっても全員50オーバーの53以下)と
アラカン(56から60ちょいオーバー)に分かれます。

アラフィフ班は、60歳からどうなる?再雇用OK?が気になるところ。
アラカン班、実は全員が定年退職を経験しています。
職種によっては、52歳定年、55歳定年もありますから。
まったく畑違いのところに再就職されているか、アルバイトです。
60オーバーの方でも、年金支給はすでに65歳からなんですね。
恥ずかしながら、昨日知りました。
私も、ギャーギャー言ってないで、一応65歳まで働く覚悟をしないとしけないですね。
(すっっっっごくイヤだけど。出来れば50代で隠居したい!)

私より5歳ぐらい年下の方は、70歳まで働くコトになるかもしれないんですね・・・。
人って、アラフィフ、特に40代後半で、元気度にものすごく差が出ます。
私は痛感したタイプです。
オットも。
70歳まで、趣味をやれと言われたらやれるかもしれないけど、
どこかに属して働けと言われたら、正直ゾッとしますもの。
体も脳も思うように動かず、ストレスと自己嫌悪のかたまりと化してしまいそう。


50代に足を突っ込んで、すでに疲れてる者としては、
「少々の機会ロスの後悔はすぐ忘れるって!確実にいきなはれー」と言いたくなっちゃいます。
お節介でごめんなさい。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し
スポンサーサイト

アラフィフ世代の同士たちへ、最後の山は手強いかもよ

一癖二癖、いろいろある職場ではありますが、
(そんなん、どこでもありますわな)
これから数年間、ガムシャラに働き、びた一文使わずして貯まった
その全額を最後の仕込みに充てようかなと思っておりました。

とは言っても、年収は103万の壁とか全然関係ないレベルなので、
数年間で用意できる軍資金は、たかが知れていますが。

でも、しかし、たぶん、おそらく。
その時機はそんな先ではないかもしれないと思われ。
つまり、数年後云々ではなく、案外早いかもしれないと。

何を仕込むかは、なんとなく決まってきたのですが、
そこにいくら充てるかが、実に悩ましい問題となってきます。
少ない貯蓄のうちから、軍資金を捻出しなければなりませんので。


1,000万円投資して、倍で2,000万円かぁ。

でも、今回は上がり幅があまり期待できないかも。

運悪く直撃喰らうと500~600万円・・・うわぁ!(涙)

ならば、最初から300万円にしとくかなぁ。

殖えても500万円にしかならないけど。

でも、減らしても100万円程度で済むぞ、傷は浅し。

いやいや、老後の100万円は超大金よ。

若い時は1年で稼げても、70代なら2年はかかるもの。

うぅ~、減らしたくないよぉ~(涙)

※金額は思いつきです。
 願望や一般家庭のリアル感など、いろいろ絡み合っております。



と、いろいろ考えていたら、昨夜は脳内を数字が行き交い、
かと言って半分寝てるので計算もできず、深くも眠れず。

いやはや、本当に難しいです。
ドルコスト平均法は気休めと言われますが、
(この場合の気休め=精神安定剤の意)
本当に気休め的な何かがないと身が持たないかも。

私の場合の、最大の気休めはなんだろう?
それは、含み損が続いても、次回の山が盛り上がりに欠けても、
「この双六をプラスであがるための低い入口を獲る」コト。
それだと、さすがにプラマイトントンはないでしょうから。

でも、自分が納得して仕込んでも、そこが大底とは限らないので、
含み損という、心が凍える季節を過ごす可能性は、
十分すぎるほど高いのでございます。

となると。
大勝ちを狙わず、投資金額を抑えるコトぐらいでしょうか。

投資って怖いなぁ。

個別株LOVEのリアル親友と、この件で話したところ、
彼女は「アベノミクスのようなコトはないだろうから不参戦」で、
今後は現金を積み上げるコトに専念するそう。

それが賢明にも思えて参ります。
揺れるアラフィフ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

子供の大学進学は悩みどころ。教育費は惜しみたくないけれど・・・

夕方のニュースで、福岡の浪人生たちが上京するのをやってて。

早割で飛行機のチケット買って、ホテルは5泊するそうで。
早稲田の4学部を受験で、着いて早々、福岡の予備校の東京校で自習。
見ているこちらにまで緊張が伝わるよう。

5泊6日の受験でかかる費用は、受験料込みで25万円。
それでも足らなくなったら、親御さんがその都度、口座に振り込むそうです。
女の子はそれなりのホテルじゃないと不安だしね。
複数校受験行脚で10日間滞在する男子は、受験料とホテルと
食事代(主にコンビニ利用)で35万円越え・・・(卒倒)

それぐらいかかるのは、私も理解してはいるけど、
我が身に置き換えると、やっぱりため息が出てしまう。

うちは、子供たちが赤ちゃんの頃、郵便局の学資保険の最高額のに加入しました。
生活がどんなに苦しくても、そこだけはきっちり払い続けてきたのです。

18年後。
その満期金が、大学生活の1年半分でしかないと知った時の気持ちったら・・・
愕然とするとともに、子供がすべて大学に進んだら破産するなと思いました。
地方は、地元の大学を選んでも、自宅から通える子は少ないですからねぇ。
交通事情悪すぎ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

小黒とら様の記事に共感&カンブリア宮殿を見て

ライフサイクルと積立投資の利益確定について http://investoronline.blog.fc2.com/blog-entry-817.html

小黒とら様の記事を拝見して、
「そうなのよ!私が言いたいのはコレなのよ!」
利益がある程度乗った時に売却する量を、
半分にするか、2/3にするか、はたまた全部いっちゃうか、
そこだけがまだ、私の中で結論がでていません。
ただ、売った後にさらに上がると「うがぁ~!」となるので、
(もちろん、全部売っときゃよかった!も有り得ますが)
1/3を2回で1/3残すとか、2/3と1/3で全部とか・・・ベストな結果は振り返ってみないと。

先日、カンブリア宮殿で、レオス・キャピタルワークスをやっていました。
最初だけ見逃しましたが、リーマン直後から始まったひふみ投信は
まさに、入口を見極めたらこんなに伸びるよ!という見本だと思います。

ただ。
逆にリーマンのような大暴落に直面した時、どこまで下がるかが未知数
という懸念があるので、私は現時点では傍観に徹しますが。
(辛口でいうと、高い手数料を払ってまで投資する必要性を感じない)

ドルコスト平均法の場合(我が家では子供たちの企業型DCのみ)、
中身をあまり枝分けさせず、管理しやすくしておくのも大切だと思います。
リスクがある商品のあっちとこっちの割合を少々変えたぐらいじゃ、
思うほど、劇的な変化はないように感じます故。
投資信託と定期の割合をっていうならわかりますが。

ドルコストだと、高値圏で利益確定した後は、高値掴みから始まってしまうわけだけど、
そこはもう、考えてもしかたないんでしょうか?
(私が子供たちに企業型DCを勧めて後悔があるのは、ココだと思います)

完璧な作戦は有り得ないし、永遠に解せぬのでしょうねぇ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し

現50代、2,840万円じゃダメですか?退職金もさらに運用しないといけませんか?

退職金・年金では足りない…50代は老後資金を作るラストチャンス! - ニュース・コラム - Y!ファイナンス
http://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20170215-00000007-argent-column

確実に4%で回せる投資信託があるなら、私も是非やってみたいです!
例えば、どの商品を選んだら、損せずにそんなに殖えるのか教えてー!

現50代は2,000万円、30代40代は3,000万円、
20代は4,000万円を目指せばいいと思うのだけど、
根拠がないからヒトリゴトってコトでごめんなさい。


参考までに。

退職金制度がある企業・・・75.5%
退職金制度がない企業・・・24.5%

企業規模別
1000人以上:退職金制度有あり93.3%、退職金制度なし6.7%
300~999人:退職金制度有あり89.4%、退職金制度なし10.6%
100~299人:退職金制度有あり82.2%、退職金制度なし7.8%
30~99人:退職金制度有あり72.0%、退職金制度なし28.0%
だそうですよ。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/13/gaiyou05.html
厚労省HPより

私の知り合いのおじちゃんは、42年勤め上げた会社を定年退職する際、
本来は退職金なしのところ、社長のポケットマネーから100万円頂けたそう。
それを運用しろなんて・・・ねぇ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
お手数でなければポチリと一推し
ワタシ

Author:みみん
西日本在住
二人の息子たちが
社会人となって巣立ち
老後のシミュレーション的な
生活を送っています。
捉われすぎず、外れすぎず
知識の更新は疎かにせず。

頼りになるオトモダチ