デマ情報も儲かる投資話も疑うコトが大事

20年以上前から存在している「当○○屋リスト」なるモノがあります。

「○○○○のナンバーの車は、ブレーキランプを点灯させないで突然停まるからね。
 もし、当てちゃっても、こっちの連絡先を絶対教えちゃダメだよ。
 この内容を、たくさんの人に知らせてねー。」
というモノで、30台前後の車のナンバーや車種の一覧が書かれています。

この度、コヤツが久々に大拡散中でございます。
(九州、中国、関西、首都圏の一部までは確認済み)
「回覧板で回ったよー」
「子供の学校で配られたよー」
「Twitterで見たよー」等々。

私は友人に「中学校の保護者会で配布されたモノ」として見せてもらったのですが、
何度もコピーを繰り返して、文字が歪みに歪んでるわ、
情報の発信元が書かれてないわ、
○○58って、地名の横が3桁になって20年経つよ?だわ、
(載ってるナンバーすべてが2桁)
そもそも、ココまでわかってたら、警察がとっくに対処してるでしょーだわ、
「どうして、こんな怪しいモノを学校が配ろうと思ったんやろかー?」と。

同じ疑問を持たれた親御さんが大勢いらっしゃったんでしょうねぇ。
校長に問うてみたぞ!という方が現れ、
「○○○教育委員会が教師宛に出したモノらしいです」と。
あっと言う間に、○○○教委に問うてみた!という方が現れ、
「被害に遭っては大変なのでお知らせしました」と言われたと。
次に、○○県警に問うてみた!という方が現れ、
「デマですよ!出すとしたら、ペーパーではなくメールで喚起します!とハッキリ言われた!」と。

そこから、流れは一気に逆流します。
「教委に、メールで着たのか?と訊いたら、県警から出たペーパーだから間違いないと言われた!」とか、
「校長になぜ配布の判断をしたのか?と訊いたら、教委の責任で私の責任ではないと言われた!」とか、
もうグチャグチャに。
(国会でモメてる○○問題とか○○○問題みたい。あれも、いつか答えが出るモノなの?)

でも、実際、「なんだこりゃ?」で、配布を見送ってる学校も多々あるんですよね。


要は、デマならデマで、チェーンは各自がストップさせれば済む問題なんですが、
配布元の方たちが「自分のせいではない」と逃げてるところと、
「発信元すら書いてない文書の真偽を疑う能力はないのかね?」というのが、保護者の一番の気持ちで。

私はモメモメの様子を眺めているだけですが、もうちょっと疑いなはれーという感じ。



投資も同じですよねー。
安値圏から始めるコトが出来たラッキーな方は、投資双六をプラスで上がれる可能性が高いかと。
高値圏の今、それに自分も乗っかっては負けるのが目に見えてます。

あと、人間誰しも一番大切なコトは口に出さないしー。
(みすみす、手の内を明かすわけがない)

疑ってみましょうよ。

私は思うに。
「入口出口に関連する軍資金の確保」が一番重要な戦略ではないかなと。
もちろん、手の内は明かせませんが(苦笑)

バーゲンセールを見逃すな♪
(なかなか来ないけど)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
スポンサーサイト
ワタシ

Author:みみん
西日本在住
二人の息子たちが
社会人となって巣立ち
老後のシミュレーション的な
生活を送っています。
捉われすぎず、外れすぎず
知識の更新は疎かにせず。

頼りになるオトモダチ